### 風穏かも、波高し…《2010.3.13 御坊のイサギ釣》 ###

寒イサキは寒さが続く限り寒イサギと呼ばれるのか… まだまだ寒い日が続くこの時期、
中~南紀ではこの釣が注目されている。寒イサギと言えばしまった身に程よく脂が乗って
食味も良く、この時期も日和良ければ40~50匹なんて釣果も聞えてくる。
この所不安定な天候もこの土日は回復するとの予報だったので、3/13(土)に美浜は
『供進丸』に予約を入れた。やはり直近は天候が安定せず、出船は限られていた様だ。
しかし出ればそこそこの釣果で、混じりもサンバソウにカワハギ・チャリコとなかなか
面白い釣になるはずと期待していた。

 魚釣りの場合天候の回復とは雨が降らず、風も無く、波も無くの3拍子が揃って初めて
釣日和」というのである。更に魚が釣れて、初めて「絶好の釣日和だった!」となる
訳だ。しかし多少雨が降ろうが、風が吹こうが、波が少々高くても、魚が釣れれば
“良かったなぁ~!”となる訳で、すべてが揃わなくても幸せは感じられるものである…
何が言いたいのか… 満を持してこの日に焦点を合わせたつもりだった。自然は早々
簡単には微笑んでくれない。結論から言うと、釣れなかった!波が高かった!しんどかっ
た…
と言う前置きをしたかっただけである…

 久しぶりに釣友のYamamot氏と美浜の港に着いたのが4:30。出船が5:30との事
だったので、少々早く着いた感じだ。港では風も感じられず、曇り空との予想に反して
空を窺うと満天の星空だ!この日の乗船者は我々2名の他に、奈良からのお客さん1名
で3名との事だった。早々に準備をしていると、奈良NOの車が到着した。
挨拶を交わしていると、船長も到着。今日は息子さんもアシストに来てくれた様子。
始めて顔を合わしたので挨拶をすると「今日は仕事が休みなので…」との事!?
まあ、「そうなんだ…」とそれ以上の詮索はしなかった…

画像














釣場までは30分程度との事だったが、海水をかぶるかもと言われ船内に入る。
港を出ると予想以上のうねりを感じた!風はそんなに気にならない感じだが、船内で座
っていてもたまに体が浮き上がる程の揺れを感じた… 港を出る前からワンカップで
気合を入れていたYamamot氏だが、出船後20分もするとトイレに入って出てこなく
なった… 文字通り船酔の様子で、実はこの日まともに釣りをすることは無かった…
 エンジンがスローになったので起き上がり、外を見る。どうやら2~3mの波が有る様子。
波の為ポイントが定まらないのか、入念な山立ての後にアンカーが入ったのが6:20。
お約束の日の出写真は、波が高かった為今回は撮れず… 魚探に反応はほとんど見られ
ないが、撒餌をすれば反応も出るだろうと取敢えず始めようとの事。

Yamamot氏とOYAJIは手釣り、奈良のおじさんは竿に電動リールというスタイルで釣を開始する。
2~3投目だったか、幸先良くOYAJIに当りが有り27cmのイサギを獲り込んだ。
底から10m前後を探ってくれとの指示で、底まで降ろした仕掛けを7ヒロ上げた辺りで
魚信があった。「3色半、上から35mで来たよ!」と皆に声をかけ、急いで仕掛けを降ろす。
直後に奈良のおじさんにも当りが有り、同サイズのイサギを獲り込んだ。
いい感じだ、どんどん続けと思ったがそれきり当りは無く移動が告げられた。移動とい
ってもアンカーは降ろしたまま行なうものなので、ポイントが微妙にずれたものを修正
するだけだ。

すぐに再開が告げられ、すぐにOYAJIに当りが出る。ややサイズダウンの25cmを獲り
込むが、それきり当りが出ない… 波は相変わらず高く、Ymamot氏は1回目のペナル
ティーBOX入り… 相当辛そうで、気の毒で有る… 奈良のおじさんと二人で撒餌を
繰り返すが、魚からの反応は無いまま時間が過ぎる。

画像


 再び移動が告げれ、今度はアンカー引っ張りながら少し移動をした。魚探に良い反応が
有るところで船が安定すると、釣再開の合図!今度は反応も大きいのか、船長も仕掛けを
降ろす事に。流石に船長、立て続けに2匹のイサギをゲットする。OYAJIと奈良のおじ
さんも一本づつレギュラーサイズのイサギを上げたが、それで終わり… 先程より反応が
有る場所で仕掛けを降ろすと一匹位は直ぐ釣れるのだが、それきりという状況が続いて
いる… 以前に同じ御坊でイサギ釣りをしたとき、魚探には真っ赤な反応が出続けてい
るのに魚が食わないと言う事があった。その時と似たような状況である。
 
この時期はよくサンバソウ釣れる事が有る。その場合は棚を底から5mに合わす。
イサキが駄目ならサンバソウでもと底を釣るが、真っ赤なオジサン(ヒメジ)が釣れただけ
一度ペナルティーBOXから出てきたYamamot氏は、2回仕掛けを降ろしたら再びBOXへ…
 この波では回復は無理かもしれない… 

周りにいた同業者も同じ状況なのだろう、何度も移動を繰り返している様子。無線でもボヤキ
ばかりが聞えてくる状況で、段々と波も高くなり魚の気配も無い為、船長に申し出て少しだが
早帰りをする事に。

画像


 結局この日の釣果は、Oyajiがイサギ5匹、奈良のおじさんが4匹。船長が6匹釣り、
Yamamot氏と奈良おじさんにおすそ分け。鯛と秋刀魚の開きを頂き、お開きとなった。
 イサギ釣りはポイントに船を固定してのかかり釣りで、地合いが来れば必ずバタバタと
つれるというのがセオリー。この日は残念ながら貧果で終わってしまった。イサギはほぼ
一年中狙え、これからは6月の梅雨イサギと言われる時期に再び脂が乗って美味しく
なると言うが、やはり寒のイサギが一番美味しいと思う。6匹のイサギを刺身と塩焼き
で食したところ大変美味しく、寒が残っているうちにリベンジをしたいと思うがどうな
る事やら…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Excerpt: 海を紹介します Weblog: racked: 2010-04-04 13:09