### 釣果は潮次第!?! ###

 4/24(土)は若潮であった。
若潮とは小潮末期の「長潮」を境に大潮に向かって、潮の干満差が次第に大きくなって来る。
このように潮が再び大きくなる状態を
潮が若返ると言い、長潮の翌日を若潮と呼んでいるらしい。
 OYAJIの経験上、長潮~若潮で釣果が良かった事はあまり無いような気がする…
気がするだけで、決してそうなのかはエビデンスも無いが、総じてそう思う…
 多分釣果が悪かった時に、潮を原因にしてしまうからだと思うのだが…
大釣をしたときは、どんな潮だったかなんて覚えていないもので勝手なものである。

 今期明石のメバル釣では、まだ良い思いをしていない。シロウオが始まってから何度かリベンジを
と思っていたが、なかなか出かける事が出来なかったのである。まずまずの釣果情報を見ては、
今度は自分が!と思いを馳せていたわけだ。
 当日の十時に殆ど思いつきで、須磨の「浦島丸」に電話を入れてみた。このところ午後便で釣果が
出ているとの情報も有り、又今からの予約で間に合うのはここしかない。
 女将さんの「行けるよぉ!」の一言でさっさと準備をし、いざ出発と相成った!

画像


 当日午後船の乗船者はOYAJIを含め8名であった(写真上)。少々人が少ないなぁ…と思ったが、
ゆったり釣が出来ると余計な事は考えない事にする。少し肌寒いが波風共に良い感じであり、後は
潮の流れと魚の気持ち、肝心なのは今日のOYAJIの運次第か。
                                      (腕前の事は触れない事にしておく…)

画像


 午前便が港へ帰ってきたのは、ちょうど12時だったか。(写真上)
いつも一緒に竿を出す釣名人女将に様子を聞くと、「釣る人は釣ったと言うしかないなぁ」と微妙な返事。
よくよく聞くとメバルはトップ9匹ガシラを7匹という釣果。
 午後は夕まずめと言う絶好の時間帯が控えている為、期待を込めて船に乗り込んだ。釣座は左舷
トモから2番目
を確保する。
 
 さて準備でもと思っていると、ミヨシ寄りに陣取った2人連れの一人が近づいて来た。
今日は隣で釣をさせて頂きます。よろしくお願い致します。」と言って来た。
これから約半日を一緒に過ごし、おまつり等お互いに気を使う事も多い遊漁船での釣である。
この様に声をかける事は、大変良い事だと恐縮した次第。気持ちの良い出来事である。

画像


 準備の前に情報を集めてみる。最近は時間に関係なくサビキで釣果が出ているとの事。
夕まずめになると、擬似にも反応があるとの事。
 残念ながらこの日はシロウオは確保しておらず、船での準備餌はシラサだけであった。
潮の濁り具合・流れ具合等により、何がベストかはわからない
 出せる引き出しはすべて準備して、状況に応じ色々試してみようと思った。

画像


 ここでは潮が極端に緩くメバルが口を使わない時は、明石大橋下でガシラを狙う。
大橋下のガシラは型も良く期待充分なのだが、残念ながらこの日は潮がきつい為
大橋下は出来ませんとの事…
 須磨寄りの浅いポイントでも、ボチボチ型の良いガシラが掛かるよっ!と女将が言うので、
メバル仕掛けに一本KTSの替え針を追加し、2兎を追う構えで準備完了!
 (釣り始めはいつも通り須磨沖、須磨海釣公園の沖200m程のところ ↓写真下↓)
 
画像


 仕掛けを準備しながら考えた… メバル仕掛けは繊細で、モトス1号・エダス0.8号
下に付けたガシラ針がエダス3号なので、これが根係りしたらメバル仕掛けごと失うなぁ…と。
 メバルが付いているポイント故、底はそれなりに荒い。かなり慎重にならないと、釣にならない
と思った… 結果、メバル仕掛けを二つ程失う羽目になった…

画像


 ポツリポツリとガシラが喰ってくるが、メバルからの魚信は無いまま時間が過ぎる…
垂水沖に移動するも状況は同じで、潮は更にきつくなりガシラも喰わなくなって来た。
 右舷の様子を見に行くと、、名人女将は小さいながらメバルを2匹釣っている。
サビキ仕掛けにダブルで来たそうだが、それっきりだよ…とぼやいている。
「潮が少し緩くならないとここのメバルは喰わないよ!昨日は16:00頃から喰いだしたねっ!」
時計を見るとまだ15:00過ぎだ。仕掛けをサビキに替えたりしてぼんやりしていると、舳先の
釣り人がメバルをかけた! 

画像


 慎重に巻き上げていたが、久しぶりの魚信ゆえ長竿の扱いを忘れてしまったのか…
巻きすぎて、魚は風に吹かれてゆーらゆら… 少し早い鯉のぼりを見てしまった気分。
 単発でもメバルの顔が見れたのですから、よかったですねぇ…

 しかし昨日後半当りが出たという垂水沖も、今日はご機嫌斜めの様子。
夕日の落ち始め、いかにも夕まずめと言う時間帯に再び須磨沖のポイントへ移動した。

 ここでやっと当りが出だし、シラサの餌にメバルがポツポツ喰ってきた。久しぶりのメバルの
引きを充分堪能しながら慎重にやり取りし、何とか2匹をゲットしたがそこまでであった。

画像


 何とかメバル坊主は免れたものの、今回も寂しい釣果で終わってしまった。
浦島丸のホームページでは、当日の状況をきっちり載せてくれるのでとても参考になる。
この日の報告は『午後は潮が速くメバル後半に何とか少し釣れましたが、全体には悪かったです
と言うものであった。トホホである…

画像


 いつもながらであるが、ここから眺める夕日は素晴らしい!!!
                     嫌な事も忘れさせてくれるほど美しい!!!
  この日もこんな素敵なスナップを取る事が出来たぁぁぁ!!!! 

     最後くらいは、元気に締めくくろうと思った次第である… 

画像


 当日の釣果は、煮つけと味噌汁の具になって夕食を飾ってくれた。
メバルといいガシラといい、実に上品な味ですよね!
 この食味が楽しみで、又釣に行ってしまうOYAJIであったとさ。

  (本音は、もっと魚の引きを堪能したいんだけどねぇぇぇぇ・・・・)

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック