$$$ 泉ダコ釣、初挑戦! (10.8.7泉佐野マリン倶楽部) $$$

 真夏の釣りと言えばイカ・タコの軟体系が大好きなOYAJI。
  ギンギンに冷えたビールの肴に、こいつがとりわけ最高だと言うだけの事だが…

 大阪湾チビスルメは以前書いたようにもう終わってしまい、イカ釣りは和歌山
(御坊~白浜)や福井(小浜)でケンサキイカがベストシーズンを迎えている。

 一方今年はタコも好調!明石方面では、日和良ければ100匹以上なんて釣果が出ている!
又近場の泉南では、最近ブランド登録されたと言う“泉ダコ”に人気が出ている様子。

 さてさて今週末はどうするかと色々模索していると、前出の“泉佐野マリン倶楽部”で
2隻を太刀魚に、一隻をタコ~キスのリレー釣で出船するとの情報が入った。

 走りの太刀魚も好調故どうするかと迷ったが、軟体系の旬は短い為一度挑戦したかった
“泉ダコ”
にターゲットを定めてみる事に。
 太刀魚は翌日2週連続挑戦のARAN・NORI氏の両名に任せ、自分のポリシーを
通す事にしたのだがどう出るか…

 ちょうどのタイミングで本blogにリンクを貼っている今井浩次氏のblog『今日も釣気分』
で、この泉ダコが紹介された。 その中で同じ泉佐野出船の海新丸・宮下船長が、
今年の流行はタコテンヤにリーダーを付けタコエギを連結して釣るのがトレンドだと
紹介されていた。 面白いなと思い、一つタコエギを購入したOYAJIであった。

 タコ釣出船は6:00との事。いつも通り釣座押さえのために1時間前に港へ着くと、
既に5~6名の先客が有り。乗船者の顔ぶれは、いつもながら常連が多い様子。
 
 年に数回しかここには来ないOYAJIだが、知っている顔がちらほら。
もっとも向うは、何処のよそもん?と言う感じだが…

画像


 右舷トモから2番目に釣座を押さえ、早速準備にかかる。
最初はタコ釣との事でタコテンヤを借り、配られた鳥の骨付きモモ肉を確り括り付ける。
豚の脂身を持参していたが、初めはこのモモ肉で行く事にする。

 6:00に出船し、船はタコ釣場の佐野沖を目指す。と言っても、港を出て関空方面に
走り15分。関空大橋の手前300m程度で、陸から100~200m程の所が今回の釣場だ。

画像


 早々に合図があり、期待の第一投! 水深は10m程度か、船はゆっくりと波任せの
流し釣。 こりゃ船長にとっては楽な釣だなぁ~と思ったら、案の定船長タバコ吹かして
のんびりみんなの様子見をしている…

 周りには2隻の遊漁船に、何隻かのプレジャーボートがタコ釣に来ている。

画像


 釣開始後30分程はみんな音無しだったが、まずはOYAJIの左隣のおいやん!
おっ!』っと声を上げると大きく竿で合せ巻き上げに入る。
 ぐいっと船中に取り込んだのは500g程のマダコだ!タコの顔を見れて、ホッとする。
やや可愛いが、この時期このサイズがアベレージらしい。

画像


 先週もここに来たと言うおいやん、早々に2匹目も追加し好調の様子だ。
『先週は10匹取ったが今日はもっといいかな!』とニコニコ顔だ!

 トモの常連(以前居眠りしてたおっちゃんだ!)もアベレージサイズを上げ、
タコを手に巻きつけ悪戦してる… よく聞くと『タコ釣りは初めてなんだ…』との事。

画像


 両サイドに先行されやや焦るOYAJIに左のおいやん、『竿先良く見ておかしいと
思ったら合せるんやで!しなりを良く見ておくんだよ。
』とアドバイスを戴く。
この一言余計なお世話と思う人もいるだろうが、OYAJIにとっては釣り人の優しさを
嬉しいと思う瞬間である。

 タコの竿釣は初めてに付き、なるほど!と素直に相槌を打った時、竿先に微妙な
違和感
を感じた…  軽く合せると、少しだけ重い感じ…

 再度合せを入れ半信半疑で巻き上げると、なんと200g程度の新子タコが乗っていた。
イイダコの親程度の大きさだが、取り合えず網に入れて生簀に入れて苦笑い。
      (写真を撮り忘れました… 可愛い奴でしたよぉ)

 左のおっちゃん『そのアタリが取れれば大丈夫。頑張りや!』と余裕のエール!
悪い気はしないので、『はい、頑張ります!』と年長者に敬意を払うOYAJI。

 OYAJIに再び乗りがあって、アベレージサイズを取り込んだあたりから様子が
変わってきた。皆にぽつぽつとアタリが有ったのだが、7:00を周り日差しが強く
感じ出すと同時にアタリも無くなった…

 みんな暑い暑いとビールやお茶を飲みながらも、コツコツと竿先で海底を小突き
ながら誘いをかけるが、タコ君は乗って来ない…  暑さとの戦いが始まった。

 何とかタコを乗せようと、持参した豚の脂身を鳥モモにかぶせ針金で括ってみた。
数投すると脂身は柔らかくなって、ひらひらする感じになった。タコは白い物に反応
すると聞いたことがあるので、いい感じだと自賛する。

 しかしそれでもタコは乗って来ない… 
そうだ!冒頭で紹介したタコエギ作戦、今井氏曰く『乗りの悪い時には、いい作戦だ!
と書いてあったのを思い出す。

 50cmのリーダーを作りタコテンヤに装着、本日購入したばかりのタコエギをぶら下げ投入して見る。

画像


 するとタコエギ君、早々に仕事をしてくれた! 久しぶりの乗りに確りアワセを入れると、
下のタコエギにアベレージサイズが掛かって来たではないか!

画像


 その後ポツポツではあるが、左舷ではOYAJIだけが続けて4匹タコをかけた!
しかもすべてタコエギを抱いてきた!5匹連続、タコエギでゲットだ!!!

 これにはおじさんもびっくり!『エビを付けたかぁ!エビにばかり来るなぁ!!
赤い色が良いのだろうなぁ!!!
』と絶賛しきり。
(エビと言うかエギなんですが、まあエビに似せてるのでそれでいいかぁ…)

 これを見ていた居眠りおじさん(この日もビール飲んで居眠りしていたぁ…)、
波止用の小さなタコテンヤを取り出しテンヤにぶら下げ投入した。
 しかし一発で根掛りしてしまい、チビテンヤを失っていた。(見ないふりをしたが…)

 今回購入したヤマシタのタコエギ、エギ本体はフロート式になっている。
タコテンヤにぶら下げて引きずっても、いい具合にテンヤの後方でユラユラし
タコ君の興味を引いてくれるのだろう。中々の優れもので、波止で投げても
活躍しそうな代物だった。

 しかし9:00になりOYAJI以外に乗りが無いので、キス釣に変更しますと船長。
エギ効果でもう少しやりたかったが、大型キスに期待を込めて仕掛けを替えた。

 先週も同じ釣をしたおいやん、『先週は関空大橋の真下でキス釣ったで!
でっかい奴が来るぞぉ!!30cmはあるよぉ!!!
』と言う。

画像


 『尺ギスが釣れますかぁ!楽しみだなぁ!』と言っている内に、船は大橋を通り過ぎ
更に南下
して行った。あれれっ、今日は何処に行くのだろぉ???

画像


 20分程でスローダウンしたのは、多奈川の発電所を正面に見るいわゆる多奈川沖か。
ここには漁礁が入っています。キス釣は底を5cm切って狙って下さい。引きずっては
駄目ですよ。またここには鯵も付いているので、狙って下さい。漁礁に入ったら合図する
ので、5mは巻き上げて下さい。根掛かりしますので。
』と丁寧に説明があった。
 鯵狙うなんて聞いていないし…と思いながら、キス仕掛けを降ろした。

画像


 船のはるか前方には、友ヶ島が見える!(写真上)

画像


 この日OYAJIはもう一つ試したいものがあった。マルキューの『特船イソメ(赤)』が
それで、生き餌よりも活躍間違い無しと評判の商品だ!
 やや細めのこの特船イソメ、キス釣にはもってこいと思い買ってみたが、この日の
海には通用しなかった…

 右舷では多い人で3匹ほどのキスを釣っていたが、全般的にアタリが無かった…
OYAJIにも一度だけプルプルと23cmのキスが掛かったが、それのみで終了。
 大橋下は流れが有り過ぎ行けなかったらしいが、尺ギスにお目にかかれなかったのは
大変残念だった… 魚の気配が無いので、11:30に帰港する事に。(写真下)

画像


 それでもタコエギの活躍で、7匹の泉ダコをゲットしたOYAJI。
次点が6匹と貧果だった故、釣果報告には載らなかったが一応竿頭…。
この所釣果が上がらない時にトップ賞が良くある… 記憶に残っても記録には
ならない。おしいなぁぁぁ~(タモリのCM風に…)

画像


 頭の中は空っぽになってしまった、7匹の泉ダコ!(写真上)

画像


 茹でられてクルクルになったタコ君たち!柔らかくて、美味しかったですよぉ!

 この泉ダコ釣り、近場でお手軽に楽しめるのがミソ!
      これからどんどん大きくなって、9月一杯楽しめるかなぁ?!?
           キロアップゲット目指して、又挑戦したいと思います!!!


《 8/8(日)太刀魚情報! 》

 先週『菊川渡船・友愛』にて太刀魚釣に挑戦したAran・Noriの両氏。
          更なる釣果を目指して今週も太刀魚にチャレンジしたとの事!

 前日に、『船は満船だし、潮も大きい… オマツリかわすのがやっとじゃないか…
とややトーンダウンしていたAran氏だが…

 当日のメールで、『座ったトモ側は潮尻で、アタリも少なかった…』と言ってきたが
結果的には72~102cmを15本トップ賞! いやぁ、流石ですなぁ!
 同船したNori氏は112cmのドラゴン太刀魚ゲットし、最長寸でこれまたトップ賞

画像

   《 当日の菊川渡船、ホームページを飾るAran・Noriの漁師、じゃなくて両氏! 》

画像

   《 112cmのビッグドラゴン片手に大物賞のコシヒカリをゲットのNori氏! 》
     Noriさ~ん、仕事がら“米”が懸かると強いなぁ~

画像

   《 2周連続で竿頭のAran氏の釣果! ほんま、これさせたら無敵です。 》

 連続釣行で先週はワンツーフィニッシュ!今週はトップと大物賞!!!

 Aranさん、Noriさん、他のお客さんにもいい思いさせてあげてやぁ~

 ご苦労様でしたぁ
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

aran
2010年08月14日 11:16
OYAJIさん、タコ釣りお疲れ様でした。タチウオはまだまだ食いが安定しないようです。水深70mから少しづつの駆け上がり、当たるタナは60m~上。解っていても掛けるタイミングが合わない猫2この日はmoni名人も乗船。同じくタイミングが合わないようでした。タチウオはこの駆け引きがおもしろいんです。掛けるタイミングが合うと強い引きと竿のシナリとPEの巻き取りの重さがおもしろくてたまりません。これからも菊川渡船で格闘します。

この記事へのトラックバック