◆◆◆ 大阪湾太刀魚情報! 菊川渡船(友愛)8月~ ◆◆◆

 前回好調なスタートを切ったと紹介した『大阪湾の太刀魚釣り』
 その後の状況を菊川渡船のホームページDATAから分析してみた。

 分析内容は日付別の竿頭の釣果を潮別に集計し、潮毎のアベレージを出してみた。
 ※( )内は同じ潮の日における最高本数。

 小潮19.7匹 長潮17.0匹 若潮19.0匹 中潮8.3匹 大潮11.2匹    
     (26本)    (21本)    (25本)    (15本)   (14本)
 やはり太刀魚は潮の小さい時の方が、明らかに釣果が上がることが見て取れた。
 Yamamot氏は13日の金曜日に釣行し、無念の坊主。潮は中潮だった…
 中潮の日でも15本の釣果が出ており、13日は0~3本と最も潮の悪い日であった
 と思われる。 個人の都合を潮に合わせる訳にはいかず、難しいものだ。


 そんな中8/15にAran氏は九州から遊びに来た甥っ子姪っ子、二人の中学生
を連れて太刀魚釣行に出かけたとの事。
お兄ちゃんの洋輔君(13歳)は昨年ここで70~105㎝n太刀魚8匹釣って、すっかり
この釣りの虜になってしまったらしい!

画像
                       《 昨年のお盆、洋輔君の雄姿! 》

 当日の様子をAran氏が送ってきたので、以下ご披露させていただく。

 おはようございます。
昨日はマゼ風の中の釣りになってしまいました。普通でも食い渋っているので
にボーズ覚悟やと子供達に告げると、こんな時に釣ったら嬉しさ倍になるね!と言われました。
 あかんこれでも釣れると思ってる責任重大やと半ば諦めてた自分が情けなく
 洲本まで約一時間、着いたら波高く最悪。反対に誘わなくてもいいやと思い子供達の仕掛けをセット。
案の定、前の釣り座からは底わかれへんぞって… 慣れない人がが糸をたくさん出しやがってと
 私は子供達に70mのところならセオリー通り65m出して50mまで探ったらええよと指示しながら
釣り方を教えました。
 するとまずお兄ちゃんにかかり、妹にかかり約10分でボーズは逃れたのでホッとしました。
二流しまでは私は竿を出さずに子供達の指導にあたりました。二流しして船長に釣りづらいなぁって
話かけてると、菊地ジュニアがすでに5本あげてる~っ!
 三流しから私も参加。5回の当たりで4本とまずまず。子供達は餌がボロボロ。
それからはほとんど当たりが無く結局子供達はこの二本。
 10時くらいからは船室で爆睡。私は何とか土産をと必死でしたが最後は8本止まり。
菊地ジュニアは11本は流石です。5本以上釣れば上位に入れるという貧果でした。

 ボーズはいなかったですが1本とか2本の人が三人いたらしいです。わざわざ九州から空のクーラー
持参して土産は10本と氷とは
 せめて20本くらいは持って帰らしたかったです。子供達は友ちゃんに記念写真を撮ってもらって
帰りました。以上、昨日の結果でした。次回の日曜日はボートで加太に行きます。乗りますか?
                                      (以上、メールのまま掲載)

画像
                    《 今回菊川渡船HPに紹介された2人の笑顔! 》

    大変厳しい状況の中、魚の顔が見れて本当に良かったよね!
        あらためて釣りの面白さ・難しさを知って頂けたと思います!!
            これに懲りずに、来年もチャレンジしにして下さいよぉ!!!

 まだ本格化していないと思われる、大阪湾の太刀魚釣り。

 秋に向けてこれからますます面白くなると思います。

 様子を見ながら、ぜひチャレンジしてみましょう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック