◇◆◇ 南部堺港からヨコワ・シオ狙い!(10.10.17えびす丸) ◇◆◇

 依然好調な市江沖波浪観測ブイ周辺のヨコワ・カツオ釣り。数こそ少なくなったが
型は良くなり、キハダマグロも混じるという事で再挑戦したかった。
 
 一方印南~岬沖のシオも、シラサやチョクリで面白くなっている。型はまだ4~50cm程度
小さめだが、徐々に上向いて来たという事でターゲッティングしていた。

 そんな中南部堺港の『えびす丸』では、「沖ブイでヨコワを狙い後半チョクリのシオ狙いで
出船!
」と願っても無いリレー釣りをしてくれるとの情報があった。

 二兎を狙って良い事が無いのは世の常だが、早々釣りに出かけられないサンデーアングラー
には大変ありがたい企画とさっそく電話をしてみた。

 『いけるよ!さっき4人組が予約して来たから10人目だけど良いかぁ???

 ええっ~!情報ページには明日ガラガラですって書いてあったのに…
ずいぶん乗るんですねって聞くと、『明日は久しぶりに大繁盛だよ!』と船長。
 12人までは乗せるとの事だったので、なるようになれと予約をしたOYAJI。

 現地に着くと予約順に船長が釣り座を決めていく様子。大ドモから埋めて行こうとするが
舳でも良いという人が多く、OYAJIは左舷トモから2番目に座ることに。
 数えたら12人きっちり乗って来たのは、この船の人気の高さか… 少々驚いた…


 
画像


 南部堺港からだと、市江沖波浪観測ブイまでは一時間かからない。

画像


 ブイに着くとそこはすでに戦場化されており、30隻近い釣り船がひしめき合っていた。

 ここからは簡単に書く… 波も風も無く、海上には何も問題は無かったのだが…

 開始早々僚船からは無線で、8回かかって7回飛ばされた!という情報が入った。

 大型のキハダが回っているらしく、18号ハリスで臨んでいた釣り人が90cmのキハダマグロ
を釣り上げたとの事。

 全員気合を入れて船長が配った2ヒロ14号ハリスで頑張ったが、ハリスが飛ぶ事はなく
船中3本のヨコワと1本のカツオが上がっただけでブイを後にする事になった…

画像


 一時間程走り、南部堺沖の浅場に到着。チョクリ仕掛けが配られると同時に、アミエビが配られる。
ここでのチョクリは重りのかわりに鉄仮面を付け、アミエビを撒いてジャコの乗せるのだ。
 ジャコが多かったのかもしれないが、やはりアミエビを使うと鯵の乗りも良い様に感じた。

 早速仕掛けを降ろし30mでジャコを乗せ、2m降ろしたところでOYAJIの竿が突っ込んだ!
難なく上がってきたのは50cmの本命シオで、船長もホッとした様子だったが…

 その後2時間で舳の釣り人が同サイズのシオを、ラストに底を狙っていた大ドモの釣り人に
45cmのヒラメがかかっただけで残念ながら終了となった…

 
画像


 結論はこの日はどこの船の釣果も優れなかった…

 しかし終わりまでブイにいた船は、船中半分の釣り人に釣果があった様子。
 また朝の地合いからチョクリをしていた船も、同様の釣果だった様子であった。

 このリレー釣り、いい時は大変面白い釣りとなるのだろうが、今回の様な事もあり
少々ギャンブル性が高い釣りかもしれない。
 いい時に釣行していれば、この様なくだりにならなかったと思うが、ちょっぴり残念な一日だった…

 <div align="center">画像


 船中2本の内、一本を手に出来た事は大変ラッキーであった。
これからシオは益々美味しくなる嬉しいターゲット!  次回は専門で狙ってみるかなぁ…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック