### シラサの真鯛に挑戦!(2010.12.5美浜・供進丸) ###

 秋のシーズンに恒例釣行していた、御坊のシラサ真鯛
この釣は開始当初は真鯛に加えシオが混じるのが魅力だが、今年の開幕当初シオの
実績は今ひとつで推移…
 時折シオ中心の釣果も聞かれたが続くことがなく、いつ行こうかと二の足を踏んでいた。

 そんな矢先釣友のAran氏が、シラサ真鯛に挑戦したい!とグッドタイミングのオファーが有り。
直ぐに了解し、昨年もこの釣でお世話になった和歌山美浜新港の『供進丸』に予約を入れた。

 当日の12月5日は大潮の初日、この釣は潮の大小と言うよりも下りの潮が流れる時が
好釣果をもたらす。しかしこれは予測が出来ず、行って見なけりゃわからない…

 
 5時前に現地に集合し、夜空の満天の星を見ながら釣談義。
この日はAran氏に加え同じく釣友のKikuch・JR(以下ジュニア)の3人での乗船。
前日はイサギ釣のお客が乗船していたが、今日は我々で貸切となった様子。
程なく船長到着するが、まだ夜が明けるまでにはだいぶ時間が有りそうだ。
 
 確り防寒を施し釣座を決めていると、6:00少し前に出航となる。
アイノセに向かう船は5時過ぎ早々に出かけて行ったが、我々のポイントはほんの美浜沖なので、少々ゆっくりとした護岸払いである。

 ポイント近くで慎重な山立てが始まるが、中々ポイントが定まらない様子。
まだ夜も明けてなく魚も眠っているのか、魚探の反応も少し頼りない感じだ・・・

 程なくアンカーが降ろされ、準備に入る事に。
OYAJI以外はこの釣初挑戦、ジュニアにいたっては手釣も始めてと言う事で事前に
OYAJIが簡単にレクチャーを実施。

画像


夜が明けるまではアタリも無く時間だけが過ぎて行ったが、朝日が昇りだすと餌が取られ出した。
しかし強いアタリに合せると、針ごと無くなっている…
 この時期餌取りとしてうるさい、サバフグの仕業だ。

 このフグ毒はなく鍋に入れると美味しく食べられるのだが、この釣りには大敵。
アタリも無く餌を取り、アタリがあると針をちぎっていくので厄介な外道。

 暫くしてAran氏がフグと違うアタリをとらえた!
重いが引きは無いと言いながら上げたのは、1m弱の高級外道のアカヤガラ
 Aran氏以前食した事があるとの事で、OYAJIが頂いて帰ることに。
 
 好調にアタリをとらえていたAran氏が、本命のアタリをとらえた。
手釣りなので引きの感じは本人にしかわからないが、釣り上げたのはこの時期
アベレージサイズ、30cm強の真鯛だ。(写真下)

画像


 ここの真鯛釣り、大型は少なめだが数はそろうのが特徴。しかし時折大型真鯛シオや
メジロ
が混じるので、油断は出来ない。
 食いが浅いのかもぞっとしたアタリをうまくとらえると、本命の真鯛がかかってくる。

 手釣り初挑戦で、始めアタリがわからないと言っていたジュニアに何かがかかったらしい!
かなり重く、時おり強く引く感じからもしかしたら?と思うが、この小さい針にかかるかなぁと
アオリイカをイメージしたOYAJI。

 タモを持ってスタンバイした船長、姿が見えたとき『アオリや!』と一言。
ばれるなよと冷や冷やしたが、無事にタモに収まったのは1キロ級・ナイスサイズのアオリだ!
 これまたスペシャルな外道に、にっこりのジュニア(写真下)。

画像


 直後に船長もアオリを上げたので、OYAJIはエギを出したところ一発でアオリを仕留めた。
つくづく今年はアオリが湧いていると思えたが、その一杯に終わってしまった。

 その後一時はサバフグの嵐… 針を取られるたびに船長が助けに来てくれるが、
流石に場所を移動を決断。

 少しポイントをずらすとフグはアタラず、ボチボチと本命が姿を見せる。
しかしこの日、本命のご機嫌は良くない様子…
 
 そんな中OYAJIに強いアタリが有り、合わせると確り針の乗った!
当初あまり引きが無かったので、アベレージサイズかと早めに糸を手繰っていた。
 
 一色ほど手繰った時にかなり強い引きが来た! ドラグを…いや、手繰る手を止めずに
やり取りをしてしまったら、フッと軽くなってしまった…

 仕掛けを上げるとなんと針が伸ばされており、油断をした自分が情けなかった…
気を取りなおして仕掛けを降ろし、アベレージサイズを取り上げるOYAJI(写真下)

画像


 みんなが一通り本命の顔を来たのを確認した船長、舳で仕掛けを降ろし釣りを始める。
いきなりアベレージサイズだが本命を釣り上げ、ジュニアと二人感心しきりのOYAJI。

 やがて『おぉぉっ!』と声を上げ、船長糸を伸ばしつつやり取りを始めた!
前へ前へと走っていく感じから、『青物かなぁ?』と言いながらも余裕のやり取り。
やがて上がってきた魚を、一人簡単にタモ入れした(写真下)。

画像


 上がったのは大本命の真鯛で、サイズは60cmオーバーと思われる。
やっぱりいるんだ、あのサイズが!と気合を入れなおしたが、我々にビッグサイズの本命は
この日かからず。 少々残念な結果で終わってしまった。
(大本命から針を外す船長。写真下)

画像


 その後何度かポイント移動を実施するも、状況は変わらず。Aran氏はスマガツオ、船長がマサバを
上げたりもしたが続かず… 僚船ではシオの回遊もあったらしいが、我々は残念ながら姿は見れず。
 
 結果的に本命は4~7匹と貧果に終わったが、日和も良く楽しい釣りが出来たと思う。

画像


 シオが混じったりキジハタがかかったり、潮が良ければ楽しさ倍増のシラサ真鯛。

  是非今度は状況の良い時に、再チャレンジを誓って家路についた一行でありました。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック