◇◇◇ 絶好調・美浜のイサギ釣り(6.5) ◇◇◇

 前回好調を報告した、和歌山・御坊のイサギ釣り。釣友のKatusim氏が是非と言うことで、
6/5(土)に前出の美浜新港・供進丸に予約を入れた。

 流石に絶好調が告げられているだけあって、予約時既に4名の先客有り。前日に確認すると
9名になるとの事。ここの船で大人数での乗船経験がないので少し早めに家を出て、美浜新港
には3:30に到着。日の出も早くなっており4:00には出船したいとの事で、既に船長は船に乗り込み
出船準備に大忙し。

 先客4名は以前にも同船した事のある馴染み客故トモの席を譲り、OYAJIとKatusim氏は
右舷の舳先
に釣り座をかまえた。

 準備をしていると船長より『今日のポイントでは50m仕掛けを降ろして、40m位までを誘って
下さい。
』と指示があった。いつもならポイントに着いてから、釣棚の指示が有るのだが…
どうやら話し振りより今日はピンポイントで釣場を押さえ、状況により動き回る必要の無い日
なのだと思わせる様子であった。

画像


 いつも通り30分のクルージングでポイントに到着。ここは水深56~7m通称『ジャリ』と言う
ポイント。以前にここのポイントで竿を出した時は、型は良いが数は揃わないという記憶が有り。
それでは本日は型揃いが爆釣かと、大いに期待をして第一投を投じる。

画像


 ここの海はポイントが広範囲にあるのか、いつもは僚船は少し離れたところにいることが多い。
しかしこの日は同じ港の別船2隻が、ほぼ隣り合わせに並んでの釣開始となった。

画像


 ほぼ夜明けと同時に、今回もOYAJIは手釣りKatusim氏は竿で釣りを開始する。
船長の指示通り、5色出して止めて・しゃくって手繰って×3回、いきなりグンッと乗って来た!
三回手繰ったので、当り棚は上から47m程。最初の一匹故いつも通りだが慎重に手繰り寄せると
30cmオーバーの良型イサギをゲット!

 竿釣りのKatusim氏に当たり棚を伝え、再度仕掛けを投入。同じ棚でヒットしてきたのは、
先ほどと同じ良型イサギだ。竿釣りのKatusim氏にも当りが出て、同型のイサギを取り込んだ。
いつもながらのモーニングサービスは、当りの多さと型の良さで大満足!

 但し魚の食い込みが悪い時もあり、合せが確り入っていないと途中でばれることもあった…
しかし再度落とせば直ぐに当たるので、バラシてもへっちゃらである!

 時にダブルで良型を15本位獲った辺りだったろうか、招かざるお客さんが沸いてきた…
この時期お決まりのジャマーである、スマ鰹君である。仕掛けを降ろすと20m程で確実に
止まる。直ぐに上げないと、針の数だけスマが食ってくる… 釣にならない!
一応良型は確り締めてクーラーに・・・ 僚船でもスマに苦戦しているのが見える。

画像


 暫く海を休めようと一服点ける。あまりの爆釣りに、タバコを吸う間もなかったのでホッとする。
ここまであまりイサギを獲ってない同船者は何とか仕掛けを降ろそうと必死だが、スマ君に仕掛けを
駄目にされギブアップしている。

 様子を窺って休憩していたOYAJIだが黙って見ているのもつまらないと思い、先ほどもつれた
仕掛けを1本針にして釣りを開始する。一本針にしても仕掛けが下りるのは、3回に1回か…
しかし仕掛けさえ下りればイサギは食ってくれ、1本ずつだが本命を釣る事が出来た。

画像


 暫くするとスマ君はおとなしくなった様子。少し食いは落ちたが、確実に棚を取り
確り誘いをかけると良型イサギが掛かってくる。当たり棚は、上から46m

 今日のイサギは本当に型が良く、30cm以下は無かったと思う。残念ながら40cmオーバー
は見る事が出来なかったが、38~40cmの大型も結構混じったという感じ。

画像


 小ぶりのクーラーのおじさんは、早々に釣りを切り上げ道具を片付けている… 
おじさんのクーラーにスマが結構入っている様だが… 好き好きですからね!

画像


 11時前に僚船も早々に港に帰り出したので、我々も1時間ほどだが早帰りをする事にした。

画像


 最後の30分程はOYAJIはオキアミ餌とロング仕掛けでスペシャル外道でもと遊んでみたが、
やや深めで掛かったのはサバ君だけ。今回も残念ながら大物外道は姿を見せなかったが、
大型クーラー8分目ほど良型イサギで一杯となり大変満足のいく釣行となった。

画像

 
 イサギのお腹にはたっぷりの卵(写真上)とたっぷりの白子(写真下)が詰まっており、
脂の乗ったその身はご近所さんにも喜んで頂ける結果となった。

画像


 ちなみに今回OYAJIの釣果は、30~40cmのイサギが48匹、サバ2匹にスマが3匹。
ここのイサギ初挑戦であったKatusim氏も28匹の大型イサギとスマを持ち帰り、大変満足
して頂けた。次回は彼のホームグランドである日本海で、大物と格闘する約束をして別れた。
 
画像


いつもながら好釣果のあった日は、飲み過ぎるきらいがある・・・ 仕方ないですよね、
自分で釣った最高のつまみが有るんですもんね!

"◇◇◇ 絶好調・美浜のイサギ釣り(6.5) ◇◇◇" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント